【フライターグ(freitag)歴史と伝統】





まずはじめに、ブランド名のフライターグとはどんな意味なのでしょうか?

FREITAGはドイツ語で「金曜日」を意味しますが、名前の由来は、創業者のMarkus FreitagとDaniel Freitag兄弟の姓になります!


本社は、スイスのチューリッヒにあり、1993年に創業されました。


さて、どのような商品を扱ってるかというと


このようなクールなメッセンジャーバック等を販売しています(^^)

 

フライターグは、再利用された素材(トラックの幌やシートベルト)をくりぬいて作られています。

 

下の写真はトラックの幌をバック用に切り取っているところです。



 

素材のどこを使うかにより、デザインや色も変わります。

 

出来上がったバックは誰とも被ることのない、世界に一つだけのあなただけのバックになります!


そしてかっこいいだけではなく、フライターグの商品はかなり長持ちすることで有名です。

元々風雨や塵、ほこりに耐え抜いて来たトラックの幌などが素材ですから、数年使ったくらいでは壊れないバックになっています(^^)

 

 

最強の素材を再利用した世界にひとつだけのバック

それがフライターグのバックです。
 

最近では気にいったデザインのフライターグバックを家のインテリアとして飾る方も増えているという話も聞きます。

 

世界にひとつだけのデザインっていうのはすごく魅力的ですもんね。


長持ちするのにコストパフォーマンスも最高なんです♪

 
 

【フライターグ誕生のきっかけ】

 

そう、フライターグのバックは素材を再利用して作られています。

 

フライターグのバッグには、素材として輸送トラックの幌などが使用されています。

 

トラックによる輸送の多いヨーロッパではごく一般的なものなのです。

 

元々創業者のフライターグ兄弟がトラックの騒音に迷惑していたのですが

 

その事を考えてるうちにトラックの幌に興味を持ち

 

リサイクルできないかと考え始めたのがフライターグのバック誕生のきっかけなのです

上の写真はスイスのチューリッヒにあるフライターグの工場倉庫です。

 

工場でのリサイクル素材の使用量は年間390トン(トラック95?の列に相当!)のトラックの幌や

 

自転車の使用済みインナーチューブ、廃車のシートベルトなどを再利用し

 

フライターグのバックが生まれていくのです!

 

90年代の前半から消費を重ねるサイクルに疑問を持ち

 

それなら捨てられるものを利用していこうと考えたフライターグ兄弟の先見は素晴らしいですよね(^^)

 

アップサイクルとリサイクルとの違いは、元の製品が持っていなかった

新たな価値を持つ製品が生み出されることです。

 


素材がリサイクル品なだけ、その素材の傷や汚れ具合も異なります。

 

それがバッグにも反映されるため、一品一品が異なるもので

 

ごく自然とファッションアイテムとして日常に溶け込むところが人気のひとつなんです。

 

 


と・・・かなり長くなってしまいました^^;

ついつい語りだすと長くなってしまいます(笑)


ブログにもまだまだフライターグについての記事があります!

 

フライターグのバックができるまで!Part.1

フライターグのバックができるまで!Part.2

フライターグのバックができるまで!Part.3

フライターグのバックができるまで!Part.4


よかったらぜひご覧くださいね♪




私もこのフライターグのかっこよさ、魅力に触れてフライターグの取り扱いを始めました。

このメッセンジャーバッグを持って、どこか旅行に行けたら楽しいだろうな・・・(^^)

そんな思いではじめてのフライターグを手に取りました。

フライターグによって、日々の生活が楽しくワクワクできるようになってもらうことがわたしの夢です♪




フライターグを手に入れる喜びをあなたに味わっていただけるよう、

日々フライターグの魅力を発信していきます!

どんなことでもかまいませんのでお気軽にお問い合わせくださいね♪

お待ちしております!



 


商品到着までの流れ

スポンサーリンク

商品検索

スポンサーリンク

スポンサーリンク

▲ TOP